綺麗な体は世界を変える

脂肪吸引に潜む危険を知ってトラブルを回避|ダイエットのススメ

脂肪吸引の注意点を知る

女医

「痩せたい」と思っても、自分でダイエットを成功させるのは難しいです。毎日バランスの良い食事を心がけないといけないですし間食もできないので、人によってはそれがストレスになりさらに太ってしまうことにもなりかねません。そんなストレスを感じなくても簡単にダイエットできるのが、神戸の美容外科でも行なっている脂肪吸引です。脂肪吸引は全身はもちろん、部分痩せも可能なので二の腕や太ももなど気になる箇所をピンポイントで痩せることも可能です。そんな便利な脂肪吸引ですが、手術後は副作用や合併症、トラブルなどに気を付けなければなりません。いくつか例を挙げてみたいと思います。

考えられる副作用の一つ目は「皮膚の腫れ」です。しっかりと脂肪が吸引されていればいるほど皮膚の腫れが強いです。1か月ほどである程度皮膚の腫れは軽くなりますが、まれにひどい腫れがずっと続くことがあります。この場合は、感染症にかかっている可能性があるので、手術を担当した医師にすぐに相談する必要があります。吸引後の腫れを早く治したいのであれば、圧迫下着をつけたり塗り薬を塗ったりして、しっかりとケアしておくようにしましょう。

二つ目は「痛み」です。脂肪吸引の施術中は麻酔が効いているので痛みを感じることはありませんが、麻酔が切れた後に痛みだします。痛みに弱い人は、痛み止めを処方してもらうように、あらかじめ相談しておくと良いでしょう。そして、安静にしておくことも忘れてはいけません。まだ完全に回復していない状態で動き回ってしまうと、痛みがいつまでも続いてしまいます。少しでも痛みを軽くしたいのであれば、腫れの場合と同じように圧迫下着をきちんと装着することです。

脂肪吸引後に起こる可能性がある合併症の一つに「リンパ液貯留」というものがあります。脂肪吸引を行なった際、脂肪がなくなった皮下にはリンパ液がたまります。しかし、そのリンパ液の量が多いと、感染症を引き起こす原因になってしまいます。とくに、脂肪が多い腹部や太ももの脂肪を吸引した時に起こりやすいです。医師にリンパ液貯留と診断されたら、約1か月間リンパ液を抜き取る施術を受けるために通院しなければならなくなります。

脂肪吸引によって引き起こされる副作用や合併症には命の危険に関わるものもあります。今の日本の美容外科技術は確実に進歩しており、安全に施術を受けられるようになってはいますが、トラブルが起きないという確証はありません。先ほど挙げた感染症もそうですが、他にも出血多量や内臓損傷、麻酔事故なども考えられます。こうしたトラブルは、アフターケアが十分でなかったり、カウンセリング不足によって起こることが多いです。そして、一番の原因は医師の知識・技術・経験不足です。脂肪吸引は外科手術なので、医師の腕に左右されると言っても過言ではありません。トラブルを回避して満足のいく施術を受けるためにも、事前に注意点や神戸の美容外科クリニックで働いている医師の実績といった情報をチェックしておきましょう。また、安心して施術が受けられるように、施術前には医師としっかり話し合っておくことが大切です。

自己流との違い

ナース

自己流のダイエットを何回も失敗しているという方は、神戸の美容外科でダイエットをすると良いでしょう。医師に指導してもらうことで正しく痩せられますし、脂肪吸引や脂肪溶解などの施術で短期間で減量することもできます。

詳細を確認する

脂肪吸引と痩身マシン

体重計とメジャー

神戸の美容外科で受けられる医療痩身と言えば、脂肪吸引というほど知名度が高いです。脂肪吸引を行なえば、すぐにダイエット効果を得られます。最新のフリーズファットというマシンを使った、安全性が高い施術法もあります。

詳細を確認する

優良美容外科の選び方

レディ

神戸の美容外科で医療痩身を始めるなら、優良な美容外科を選ぶことが大切です。医師の技術力やカウンセリングの丁寧さなどをチェックしておけば安心です。ダイエット薬や脂肪溶解注射などの施術なら、初心者でも比較的受けやすいです。

詳細を確認する